Unknown-7.pngUnknown-7.png

Unknown.pngUnknown.pngsign.pngUnknown-5.pngUnknown-5.pngsign.pngUnknown-3.pngUnknown-3.pngsign.pngUnknown-1.pngUnknown-1.pngsign.pngUnknown-2.pngUnknown-2.pngsign.pngUnknown-6.pngUnknown-6.pngsign.pngUnknown-4.pngUnknown-4.png

藤井隆之 作陶日記

2013年6月22日

1283℃で作品を焚き上げた小さい窯。

11月の個展、月刊の宣伝用冊子の撮影用作品数点と、7月から笠間の陶芸美術館で開催される「日本陶芸展」、会期中は入選作家の作品をミュージアムショップで販売するとの事でそちら用にも1点。

2013062012070000

窯の後ろにある焼成装置。

上の赤い数字が現在の窯の中の温度、

下の緑の数字は設定温度で、その温度に達した時に自動で電源OFFにしたり、数十分〜数時間温度を保持したり、色々な設定が出来ます。

ちなみに別枠の一番下の赤い数字は隣の大きい窯の中の温度です。今回の窯焚きには関係ないので28℃。

2013062012080000

急いで窯出ししたい時はちょっとずつ蓋を開けて、、本当は100℃切ったくらいからゆっくり開けたいのですが(笑)

2013062012090000

割れない事を祈りながらちょっとずつ開けていきます。。30分で5cmずつくらいかな。。

 

数時間後の窯出しを待ちながら、、

2013062015490000

6月頭に三越で開催された陶芸部会展の桐箱と、笠間へ送る作品用に箱書き。

窯出し前に箱書きするのは何だか妙な感覚ですが、、割れない事を祈って。