Unknown-7.pngUnknown-7.png

Unknown.pngUnknown.pngsign.pngUnknown-5.pngUnknown-5.pngsign.pngUnknown-3.pngUnknown-3.pngsign.pngUnknown-1.pngUnknown-1.pngsign.pngUnknown-2.pngUnknown-2.pngsign.pngUnknown-6.pngUnknown-6.pngsign.pngUnknown-4.pngUnknown-4.png

藤井隆之 作陶日記

2013年2月28日

案内状用の絵付け・窯焚きも約1ヶ月遅れで、、一段落。
工房を片付けて、また会期へ向けて絵付けの日々です。

そんな中、今年から新しく始まる「第1回陶美展」の入選通知が届きました。
詳細は全くわからず、、先生や先輩方から募集要項が3通届いたので「出さなかったら殺される。。」と思い個展制作の合間、1点出品。
今回は青白磁の作品です。
会期はゴールデンウィーク中で会場は日本橋高島屋のようです。会期が近付きましたらまたご連絡させていただきます。

日本陶芸展の入選発表が毎日新聞に掲載された別枠の地方版(千葉西北部限定)にボクの インタビュー記事 が載りました。

ボクの記事の周りは凶悪事件など物騒な話題ばかり、、とりあえず仏様のような笑顔でパシャ。悪い事して載らなくて良かったです。

時同じくして、、
日本伝統工芸展の広島展が地元で開幕。
ウチの両親が初日に観に行ってくれたらしくちゃっかり地元の朝日新聞に二人とも写ってたようです。母の友人が知らせて下さったみたい。

どうせ写るんだったら、、息子の作品の前で写って欲しかった気がしますが。。ボクは白黒で親はカラーだし・・。

2年前も母親が会場でインタビューを受けて新聞に載りましたがそん時も漆の作品の前で「こんな器使ってみたいです」と。
後になって「あ、出品者の母親ですって言えば良かったね」だって。

そんなボクも新聞記者さんが帰った後に「あ!個展の宣伝しとけばよかった!」と気付く。
慣れない事ばかりですが藤井家でいい記念になりました。